まだJA共済と揉めてる話

一ヶ月経ちますが未解決。

 

○ごねにごねてJA共済が仲介として無保険者じじいと当方との交渉間に入ることに。

○そもそもJA共済が約款守って車両保険ノーカウントで使わせてくれれば終わるものを、、、とは思いながらもここはおとなしく従う。

JA共済曰く、じじいと話すのに交渉材料の物損車両の見積もりをとれ。

○バンパー交換4万+税ですって口頭で板金さんから言われてるんですが。

JA共済曰く、それなら中の部品とか損傷あっても直さんくていいですよね。4万でええですか?

○中の部品見てもらって見積もり作るっておかしないですか?解体してまた元に戻すってことですか?

JA共済曰く、まあ普通は中身開けたら修理しますよね。そんな面倒なこと板金さんしませんね。

○それって見積もりじゃなくて請求書じゃないですか?直したら誰がお金払うんですか?

JA共済曰く、それはお客様自身で立て替えですね。

○おかしないですか?なんでわたしが立て替えですか?JAさんが払ってじじいから回収すればいいんじゃないんですか?

JA共済曰く、今回のはまだノーカウントだと認められんから難しいです。

○回収見込みも返済原資も未確認なのに誰が融資打つんですか?わたしとJAさんは同じ立場ですよ?保障使おか言ってるんだから、保証してくれんと契約した意味なくないですか?

JA共済曰く、お金の話は置いといて、今回必要なのは見積もりですから、、、

○その見積もり取るのが請求書になるってことなんでしょ?お金絡んでくるのは必然じゃないですか?

JA共済曰く、お客さんの言ってる板金屋さんはご贔屓にされてるとこですよね?支払待って貰えるよう交渉してみたらいかがですか?

○なんでわたしが払う前提の話なんですか?10対0じゃと何回言ったらわかるんですか?相手の所在も連絡先もわかってて、約款記載通りの条件揃ってるんやからノーカウント車両保険で直すのが一番早いんじゃないんですか?そしたらJAさんの欲しい金額記載の請求書だって取れるしスムーズなんじゃないんですか?

JA共済曰く、ですから何度もお伝えしたように、相手方も10対0を認めないとノーカウントにはならないんです。

○それ約款のどこに載ってるんですか?重要事項説明のどこに書いてあるんですか?確認できないんですけど、そしたらこれ虚偽広告とか誤認させる疑いのある説明事項に該当するんじゃないんですか?

 

 

ヒートアップし過ぎて喋ったことも言われたことも忘れた!笑

こんな感じで揉めに揉めて電話終了(ガチャ切りではない笑

 

後日談として、板金さんがええ人で、結局中の部品見て見積書作ってもらえたんよ。

ほんと感謝。

因みに見積額8万5千円になりました。

あのくそじじいからぜったい振り込ませてやるからな。

待っててな板金屋さん。

ちなみに今日で事故から二ヶ月くらいですがまだ修理してません笑

見積書の有効期間ていつまでだろ?

それより見積書JAに渡したのが6月半ばで、それ以降連絡もなんのアクションもないJA共済まじ使えない。

報告、連絡、相談って社内に限らずお客様対応あるとこ全般の話じゃない?

なんで連絡ないん?おかしない?

ほんま使えない。

 

JAと何かしら関わりのある皆さん、お気をつけて、、、

わたしは事故しないから大丈夫!じゃなくて、事故してからじゃほんと遅い。ローン契約してからじゃ遅い。定期預金してからじゃ遅い。欲しいタイミングで、常識的に求められる対応が得られないんよ。契約者が亡くなったのにローン残債がなくならないのは契約違反よ。預金者が亡くなったのに窓口の相続手続きに時間がかかったり、どうでもいいことでこれがJAのルールだとごねられたり、ほんと碌でもないんよ。会員のみなさん、是非はやく抜け出してください。これを見てる人、周りのJA会員にはやく目を覚ますよう伝えてください。

 

JA職員のみなさん、絶対に許さないからな。

 

JA共済と揉めてる話

5月末の事故の件。

 

◯当方停止、先方の追突により10対0確定。

◯車両保険のノーカウント特約に合致するので電話。

◯先方が10対0を認めないとノーカウントになりませんとのこと。

◯web約款、重要事項説明を確認するも、先方承認の有無について記載なし。そもそも自分の車に対する保険なのに相手の意思いる?JAが確実な資金回収を確保するためだけの保全にすぎないよね。保全大事なら約款載せとけよ。

◯別日に再度電話。担当さん(在日っぽい女)「お客様の見られているものに載ってないだけ。後日わかる書類送ります」

◯当方「こちとら必要なのは書類じゃない、約款に書いてないなら何だって後付けで言えるしこちとら約款見て契約したのにその通りにいかんのならわれ契約違反じゃ」

◯担当さん電話ガチャ切り。以降何度掛け直しても本日の営業時間は終了しましたアナウンス。

 

 

全うな会社(だと世間的に思われてる)からこんな扱い受けたの初めてです。

担当に約款なにそれおいしいの状態で対応され、かちーんときてちょっと怒ったら、上司に交代するとか、掛け直すとかせずに自己判断でガチャ切り。

小学生ですか。

 

 

自身の契約する保険会社は自身の味方だと思っていましたが、ただただ金を積むだけの一方的な関係だったようです。

担当者の当たりが悪かっただけじゃない。

web約款について話したとき、担当が同じ画面出そうと探してたみたいなんだけど、その後ろで上席だろうオッサンのはよ電話切れーだの、ただの物損だけだろう面倒なやつやなだの、そりゃーもう悪口オンパレードがよく聞こえましたよ。

 

会社自体が腐ってる。

 

翌日、何気ない感じで再度ショウさんから電話来たからまじぶっ飛ばしてやろうかと思いました。謝罪はなし。いまもなし。

勿論即日お客様相談室には通報済み。

数日経ってやっと共済部長と担当課長が謝罪に訪問。遅くない?

しかもブチ切りの本人である担当さん来ない上に、本人反省してるから担当このままで行くのとこと。このオッサンたち何しに来たの?まあぶちキレるよね。

担当者謝らんわ、クソみたいな対応をこのまま続けられたらたまったもんじゃない。

担当者を代えさせること、ノーカウント扱いにするようJAの対応を求めることでこの日は終了。

 

未解決です。

 

無保険者のくそジジイ、JAの使えなさ、対応の悪さを痛感しております。

 

JA、また来るってよ。

 

事故起きてから保険会社のクソさに気づくのは遅すぎるので、JA共済加入の人、また掛け金の安さから加入検討している人、この話が一つの判断材料となることを願います。

 

 

解決するまで続くよ。

 

 

 

無保険車との事故で揉めてる話

現在進行中の案件です。

備忘録がてらメモ。

 

 

 

●無保険者かつ、100対0でこちらに非がない場合は、自分が加入してる保険会社は動いてくれない。そういう決まりらしい。

●直接加害者とのやりとりとなること。

●話しあいが基本。ただし無保険者なんで常識人ではまずない。だって無保険者だもん。

●交渉決裂の場合は内容証明郵便にて見積書、請求書を提示。

●それでも応じない場合は裁判。

少額訴訟は50万だったか60万以内の金額のとき利用可能。

●通常裁判より費用安い。また自分一人で手続き可。裁判日数は一日。

●訴訟により勝つと預金、給与差し押さえ可能となる。ただし抑えるには相手銀行、支店や勤務先の特定要。

●大体これで回収可能。さらに不動産差し押さえる場合は本格裁判。弁護士要。

●以上手続きが面倒な人は、弁護士特約を付加すべきとのこと。事故したあとじゃ遅いけどね。でも事故しないと弁護士特約なんて大げさだって思っちゃうよね。

 

◯自身が加入する車両保険のノーカウント特定を利用するのも可。ただし適応条件は保険会社による。約款、重要事項説明に書いてないこと平気であるから気をつけた方がいい。特にja共済。絶対に許さない。

◯給与口座、利用銀行がわからないとき→相手住所が戸建なら全部事項証明書を共同担保目録付きで取得しましょう。ローン借入があったらそこが利用銀行です。市役所で誰でも取得できますよ。